PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プロファイルとprefs.jsの再構築

プロファイルはFirefoxの利用環境データがすべて保存されていて、その中にあるprefs.jsは、
Firefoxのオプション、殆どのアドオンの設定、about:configの設定が保存されています。

しかし使用を続けているうちに肥大化したり、アドオンの機能が正常に機能しなかったりします。
プロファイル作り直しや再度設定はかなり面倒なのでなるべく楽をしようと思います。

prefs.jsファイル自体はプロファイルフォルダの中にあります。
冒頭にも書きましたが、アドオンの機能が正常に使えない場合は一度プロファイル作り直しをおすすめします。
色々なアドオンを入れて設定が競合してるのかもしれません。

prefs.js以外のプロファイル内で必要なファイルは以前のfirefoxの丸ごとバックアップ・軽量化についてを参考に。

アドオンの設定のエクスポート・インポート方法

1.普通に設定をメモって再度設定する
一番面倒な方法です。が、設定ファイルの保存場所が見つからない場合は手動でやるしか無いです。

2.アドオン自体のエクスポート・インポート機能を使う
FireGestureやTab Mix Plusなど一部のアドオンは設定ファイルを出力できます。
Make linkなど設定が多くなりやすいアドオンは出力機能をつけて欲しいです・・・

3.「OPIE」を使ってアドオンの設定を取り出す・復元
OPIE(各アドオンの保存設定ファイルを個別に出力可能にする)
このアドオンを使うと、設定のエクスポートが出来ないアドオンでも取り出すことが出来ます。
大抵のアドオンは取り出せますが、設定ファイルの場所がわからないと取り出せません。
例えば「Make link」は取り出せません。保存場所が分かれば指定して出力出来るかもしれません。

4.prefs.jsを編集して設定データを抜き取る
prefs.jsの中に設定データが保存されているのでコピーして新しいprefs.jsにペーストしましょう。
例えば先程の「Make link」ならサクラエディタなどでprefs.jsを開いて、
「net.soylentred.makelink」を検索すれば設定箇所が見つかります。
それらすべての行をコピーして新しいprefs.jsに、同様の箇所がなければ追加して保存すればおkです。


Firefoxのオプション設定と、
about:configについては毎回手動設定になるかもしれません。(問題が起きた場合は逆に手動の方がいいかも)
何か解決索があるといいですが・・・

個人的プロファイルの構築手順(クリーンインストール)

1.プロファイルを新しく作る
現在のプロファイルは何かファイルをバックアップし忘れたときの事も考え、必ず残しておきましょう。
新規プロファイル作成方法はプロファイルの管理を参考に。
プロファイルマネージャ起動:「firefox.exe -ProfileManager」でファイル名を指定して実行

2.Firefoxのオプションを設定する
現在のオプションをメモったりキャプチャして置いて入力しましょう。多少面倒ですが。
prefs.jsの中の「user_pref("browser.」かもしれません。
以前の記事Firefox/アドオンの各種設定が参考になるかもしれません。

3.ブックマークや最低限必要なアドオンをインストール設定、about:configの設定
Firefoxのブックマーク使っている人はバックアップファイルをインポートしましょう。
タブ機能拡張など、自分の最低限必要なアドオンをWebから入れ、設定しましょう。5個くらいまで?
必要な方はabout:configの設定をしましょう。

この時点でFirefoxを終了し、
プロファイルを複製し「xxxxxxxx.default.bak1」とでもしておいてバックアップを取っておきましょう。

4.自分が必要と思う全てのアドオンをインストール、設定。
あまり使わないアドオンはインストールしないでおきましょう。Webからインストールします。
プロファル内のextensionsフォルダは使わない方がいいような気がします。
設定の復元は上に書いた方法を駆使します。
尚、現在使用しているアドオンのリストはExtension List Dumperを使用すればURL付きで出力可能です。
以前の記事動的なFirefoxアドオンとかのリンク集も参考になるかもしれません。

5.利用環境が保存されてるファイルを新しいプロファイルフォルダにコピーする
以前の記事firefoxの丸ごとバックアップ・軽量化についてを参考にして欲しいのですが、
箇条書きで簡単に書いておきます。
localstore.rdf:ツールバーの配置設定が保存されています。
cookies.sqlite:クッキーが保存されています。
chaika(フォルダ):chaika(2ちゃんねる)のログが保存されています。
chrome(フォルダ):userChrome.jsのスクリプトと、FoxNoteテキストの保存場所。
gm_scripts(フォルダ):GreaseMonkey(グリモン)スクリプトが保存されています。

6.いままでどおり利用出来るようにする。
もう今までと同じ様に使えると思いますが、設定されてない所もあると思うので確認してください。
例えばRSSリーダーのフィードの読み込み指定がされてないなどがあるかもしれません。

異常もなく、全て終わりましたらFirefoxを終了し、またバックアップを取ってください。
xxxxxxxx.default.bak2」でもしておけば良いと思います。


以上で終了です。
体感結構速くなったのではないかと思います。プロファルフォルダのサイズもかなり小さくなってるはずです。
2種類のバックアップフォルダはファイルが壊れるなどした時の保険です。
再びプロファイルをつくり直す必要がある時便利です。
まぁこんな感じでしょうか。なぜか使えなくなった機能がクリーンインストールで復活したのはいいのですが、
やっぱめんどくせーですねぇ。
関連記事

| firefox | 18:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://higitune.blog106.fc2.com/tb.php/16-40e33f20

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。