FC2ブログ

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ScanSnap1500のパッドを自作する

ScanSnap1500を手にいれ、電子化をちまちま行っているのですが、ランニングコストはどうなのか。
ScanSnap サポート情報(消耗品/清掃用品一覧) : 富士通見ると、
消耗品のパッドユニットは5万枚(2k円)、ピックローラーは10万枚(6.2k円)が交換目安みたい。
一冊200枚として250・500冊程度ですね。
そこそこお高い。
とりあえずゴム部分が摩耗して劣化すると思うので、なら測って作っておこうかなと。
詳しいランニングコストについて→ScanSnap 1500 のランニングコスト


まずパッドユニットからパッドの取り外し方法ですが、特に難しくありません。
画像にある上の方の金具をゴムがある前方向にずらせば外せます。

取り付ける時はまずゴムと反対側のプラスチックの出っ張りに金具を引っ掛けてから、
ゴムを押さえる部分を
奥の方に押し込みます。
そうしたら金具をゴムと反対方向にずらします。


外すとこんな感じです。パッドの下にある白い紙切れは必要なものだと思うので無くさないように。

次にパッドの寸法を見ていきましょう。あくまで大体の長さですので参考程度で。

製図もどきのわけがわからない画像ですが、パッドの寸法は上のとおりです。
厚さは2mm(もしくは1.8mm)。右と左で形が違うことに注意してください。
カッターで自作用のゴムをカットして、穴は1mmポンチで開けるといいと思います。
1mmポンチ持ってなかったので、画鋲やボールペンで穴を広げましたが、結構面倒です。

で、使用するゴムはと言いますと、
500冊ほど電子化したらScanSnapS1300のゴムパッドがすり減ったので自作した
↑を参考に、パッドに使うゴムにホムセンで1mmのエラストマーシート入手。1枚150円程度です。
エラストマーシートである必要はないと思うのですが、色移りしないゴムである必要があると思います。
正規品に比べて少し固めな感触で、多分違う素材なのでもっと適した物があるかもしれんです。

正規品より1mm薄いので駄目かなと思っていたのですが、特に問題なく普通に使えています。
ただ十数冊程度しかスキャンしていなくまだ安全性は正確にわかりません。
何かあれば追記でもしようかなと思います。


ついでに
ピックローラユニットについてですが、こいつの自作は少々難しそうなのでやってません。

ゴムの取り外し方法は回しながら出っ張りが無い方に少しづつゴムを寄せ上げて、
ある程度寄せたら中の軸を押し出せば取れます。
外した状態のゴムの寸法も書いておきましょう。
ゴム厚 5mm
直径 32mm
内径 22mm
高さ 38mm


5mm厚のゴムを巻いて接着剤で止めるとか、液状ゴムスプレーでコーティングするとか、
色々考えられると思いますが、画像の様な特殊な表面はどうすればいいのか…
考えるのもなかなか楽しいですけど、
パッドよりもすり減りにくいと思うので、まだ気にする必要も無いかなと。

とまぁこんなところです。自己責任ですが、興味ある人は自作してみるのもいいかもしれません。
パッドやピックローラユニットでいい感じの方法があれば教えて欲しいです。
ではでは

| パソコン | 17:15 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |