2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

aviutlの導入について(x264)

aviutlが良く解らん事になったので、すぐ導入できるようメモ。
アニメエンコ向けのメモというよりyoutubeやニコニコ動画に投稿する動画作成向きと言った感じ。

必要なソフトウェア  (参考)AviUtlを使ったMP4 (H.264) エンコード

AviUtl
本体。エンコードや編集したり色々可能。Cドライブとかに置きましょう
Microsoft .NET Framework 3.5 (日本語化)x264を動かす為の必須コンポーネント
Microsoft Visual C++ 2008 SP1  (x86)x264を動かす為の必須コンポーネント
拡張 x264 出力(GUI) Ex(作者ブログ)H.264出力プラグイン。尚、.7zの解凍には7-Zipなどを
x264CLIx264を動かす為の必須コンポーネント
32bitOS:32bit 8bit-depth
64bitOS:32bit 8bit-depthか64bit 8bit-depth
Nero AAC Codec音声のAACエンコードに使用
MP4Box映像と音声の合成に必要
便利なプラグイン
MP4Plugin.mp4ファイルの読み込み・編集が可能
MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-InMPEG2系ファイル(DVDなど)をAviUtlで読み込めるようにする
DirectShow File ReaderWindows Media Playerが読み込めるファイルを扱える
ジャンプウィンドウ任意の数・間隔でサムネイルが表示されます。CMカットなど編集時に活躍
連番BMP出力映像をBMPで出力します
JPEG 3点セットJPEG入出力に関するAviUtlプラグインセット(入力、連番出力、ワンクリック保存)
trim_export.aufAviSynth Script エクスポートに同梱している、
AviUtl上でのカット編集情報をAviSynthのTrimフィルタの形式で出力する
便利なフィルタ
拡張編集Plugin複数の映像、画像、テキスト等を任意の場所に表示できます。動画作成が可能となる!
Lanczos 3-lobed 拡大縮小Lanczos3 フィルタを使って画像のサイズを変更
ロゴ解析プラグインロゴの含まれる画像から透過性ロゴフィルタ用のロゴデータを作成します(参考)
透過性ロゴフィルタ半透明ロゴを付加または除去します
UVダウンサンプリングフィルタ特にFlashPlayerなどで文字やアニメキャラ等の線のギザギザが軽減される
色褪せ軽減βエッジ等が色変換の過程で劣化するのを目立たなく出来る
黒ベタ追加フィルタ(beta.zip)画像の上下左右に黒ベタを追加します(参考)
因みにプラグインの優先度、フィルタの順序は動画の出来上がりに深く関係してくるので適切な順序にしましょう。
ロゴ解析と透過性ロゴは最優先にする必要があります。
(参考)入力プラグイン優先度の設定
(参考)フィルタの順序


ダンロードしたファイルの移動
解凍したファイルをAviUtl.exeがある階層に移動する必要があります。移動するのは緑色のファイル
拡張 x264 出力(GUI) Ex以外はどこでもいいのですけど、同じところの方が分かりやすいと思います。
aviutl.exeと同じ階層に置くべきファイル達
・拡張 x264 出力(GUI) Ex
x264guiEx_*.**
auoフォルダ
 
x264guiEx.auo
 
x264guiEx.ini
 
x264guiExDefault.ini
・x264CLI
x264.exe(ダウンロードしてそのまま)
・Nero AAC Codec
NeroAACCodec-*.*.*
└win32
  ├neroAacDec.exe
  ├neroAacEnc.exe(これだけ)
  └neroAacTag.exe
・MP4Box
MP4Box_*
MP4Box.exe
プラグインとフィルタも基本的にaviutl.exeがあるフォルダに中身を投げ込めばいいです。

AviUtlの設定
[ファイル]
 └環境設定
   └システム設定
(参考)システムの設定
特に設定するところはなかったような気がする。ほぼ初期状態のまま。設定したらaviutlを再起動。
[最大画像サイズ]
小さいと開けないので適当に2000x2000に設定
[リサイズ設定の解像度リスト]
リサイズ時に入力するのは面倒なんでよく使うのは登録
640x480,352x240,320x240,512x384



拡張 x264 出力(GUI) Exの設定
[ファイル]
 └プラグイン出力
  └拡張 x264 出力(GUI) Ex
(参考)バッチ登録
(参考)SMILEVIDEOの仕様について
先ほどダウンロードしたファイルのアドレスを指定するぐらい。
・x264.exeの指定
・neroAacEnc.exeの指定
・MP4box.exeの指定

 エンコードする場合は映像と音声のビットレート、エンコード回数を指定します。普通2パス。
ニコ動であれば一般は映像+音声合わせて656kbpsまで。例えば以下の組み合わせとか。
(参考)624+32/592+64/528+128/464+192/336+320
エコノミー回避する場合は312kbps(2011年1月頃245kbpsから引き上げ)までおk
(参考)268+32/252+48/236+64/172+128/108+192/44+256
勿論実ビットレートは変動するので余裕をもって少なめに設定。

こんなところで終わりです。ではでは

(関連記事)Avisynth+バッチファイル+αで簡単にアニメ高速エンコード その1 (10/21)

スポンサーサイト

| ソフトウェア | 18:05 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。