FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Firefox4.0 RC1が出たのでブラウザの速さ調べてみた

いままでβ版が出ていましたが、より正式版に近くなったRC1(リリース候補版)が出ました。
実はβ版は使ってなかったので4.0がどれだけ速いか知りません。
なので、ついでに他のブラウザも含めてベンチマークしてみました。

ブラウザのベンチマークにはSunSpider 0.9.1を使います。0.9の場合結果が0.9.1の大体2倍程度になります。
☀SunSpider JavaScript Benchmark
SunSpiderベンチマークとは
SunSpiderベンチマークは、JavaScriptエンジンのレンダリングの実行速度を測定するもので、
3Dレイトレーシング、暗号処理、文字列処理などの26項目のテストを行い、その結果を表示する。
(引用:Gecko 1.9.1を搭載した「Firefox 3.5」の"速さ"を計ってみた)
また、Googleのベンチマークも行います。
V8 JavaScript Engine

ベンチはPCのスペックにもよるらしいので行った環境を書いておきましょう。
OS:Windows7 64bit
CPU:Phenom II X4 940 CPU性能比較表をみると性能スコアは現在5400ぐらいですね。
RAM:DDR2 4.0GB
HDD:Serial ATA接続1TB
ブラウザはほぼ初期状態での計測です。

ではSunSpider 結果を。Totalが小さいほど速いです。
ブラウザIE9
(64bit)
Sleipnir
2.9.6
Opera
11.01
Firefox
4.0 RC1
Chrome
10 
Safari
5.0.4
Firefox
3.6.15
IE8
Total
(ms)
249.1251.2263.9273.6289.0344.9837.54330.2  
+/-(%)0.20.31.01.42.11.15.50.3
スクショ
まずFirefox4ですが、3.6より3倍程度速くなり、3月9日にリリースしたChrome10より僅かに速くなっています
Firefoxが重くていやじゃ~!とChrome移行考えている人は少し待ってもいいのかも。
IE9はIE8に比べて17倍の上昇。64bitなので少しずるい気がしますが、
IEとほぼ同等のSleipnir2.9.6でも同じくらいの数値なので然程変わらないでしょう。
Operaは"Opera最強伝説"って事はありますか。いままでは最速だったのでしょうか。
Safariはまた微妙な立ち位置・・・(´ε`;)ウーンって感じです。

続いてV8 JavaScript Engineの結果。こちらはScoreが高いほど優れています。(IE8忘れました^^;) 
ブラウザchrome
10
Firefox
4.0 RC1
Opera
11.01
Safari
5.0.4
Sleipnir
2.9.6
IE9
(64bit)
Firefox
3.6.15
Score810837583330252122982283482
Richards:
DeltaBlue:
Crypto:
RayTrace:
EarleyBoyer:
RegExp:
Splay:
R11028
D14486
C12091
R9994
E17327
R2235
S3082
R5408
D4351
C6224
R3541
E3459
R1130
S5218
R2976
D2272
C3793
R4717
E4583
R1321
S6194
R3121
D2391
C3436
R3198
E2963
R869
S3061
R2422
D2129
C3637
R1812
E3504
R1762
S1614
R2386
D2100
C3665
R1759
E3456
R1750
S1654
R1658
D168
C1558
R320
E342
R252
S510
こちらでは順位が変わってます。しかしこれ自社補正掛かってね?っていう。chrome10がブッチギリです。
続いてはFirefox4.0 RC1こちらも3.6より差があるのでパフォーマンスは高くなるのは期待できそうです。
Operaは上と同じく3位。ブレがなくバランスがいいのでしょうか。Safariは微妙かと思ったらそうでもない。
よくわかりませんが、SleipnirとIE9は逆に落ちてしまいました。Firefox3.6は他のブラウザと比べ確実に遅そうです。


とまぁFirefox4.0 RC1はよさげなんですが、まだまだ未対応のアドオンが多いです。
とりあえずよく使いそうな、現在3月10日で対応・未対応アドオンを少し書いておきましょう。
作者サイトとかにはあるかも知れません。
※使用可は対応済みか互換チェック無視で使用出来るもの。
※アドオンについて動的なFirefoxアドオンとかのリンク集
対応未対応
セッションマネージャTab Kit
FireGesturesChaika ※使用可
AutoPagerSearchWP ※使用可
Super Tab ModeAutoCopy ※使用可
GreasemonkeyAutomatic Save Folder
NewLiveWallFavLoc 
Ank Pixiv ToolIME and DiMENSiON 
Toolbar ButtonsLoad Tabs Progressively
Image ZoomMenuEditor ※使用可
Open WithSave Image in Folder ※使用可
PictureFoxSBMカウンタ ※使用可
検索ボックス自動入力Screengrab! ※使用可
AutoPagerSuper Tab Mode 
DownThemAll!Tabloc
Download StatusbarTagSieve
テキストリンク ※使用可
Make Link ※使用可

んー結構あります。RC1でも早く使いたいので未対応のものが使えるようになるといいですねぇ。
それでは。

| firefox | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Firefoxのタグ機能が地味に便利な件

最近までそもそもタグがあること自体知らなかったし、あまり興味もなかった(というか抵抗があった)のですが、
使ってみるとなかなか便利と言う事がわかりました。ブックマークツールバーも使って、脱常時サイドバー表示!

・ブックマークツールバー
まずブックマークツールバーですが、RSSリーダーでよく見るブログとか登録しているのなら、
ブックマークに登録して頻繁に見るサイトってせいぜい10~20ぐらいです。

なのでツールバーに登録してしまえば常時サイドバーを開く必要はないですね。(そもそも開いてる人はマイノリティか・・・)
サイトのタイトルを削除すれば、ファビコンのみの表示が可能です。
よく使うタグがあるならそれもツールバーに入れればおk!

・タグ
firefoxはロケーションバーの右側にマークがあり、クリックするとブックマークに登録する事ができます。
2回クリックすると以下の様なポップアップが出てきて、移動するフォルダ、つけたいタグを付ける事ができます。
なのでわざわざツールバー開いて任意のフォルダにD&Dする必要もないわけです。
タグは半角で登録されていれば一文字目を打った時点で候補が出るので楽ですね。

確かにブクマするたびにキーボードを使う必要が出てくるのは面倒です。マウスメインとしては非常に。
ですがブクマの時点で整理ができて検索しやすくなるというのはなかなか魅力的で、安心感があります。



まぁいままでタグ付けしていなかったので、全部付けるのはなかなか大変ですが、
「ブックマークの管理」を使えば割と楽にタグ付けが出来るでしょう。


タグはロケーションバーで検索できます。例えばfirefoxと入力すると・・・

右側のキーワードがタグですね。しかしこれだと特定のタグを一覧でみたい時は少々不便です。

そういう時は「ブックマークの管理」でもいいですが、
TagSieveを使うとタグ検索が容易になりますです。
タグがクラウド状になっていて、勢力の大きいタグが大きく表示されます。
下のカラムがそのタグが付けられているサイトという事になります。


  タグ付けの規則ですが、基本的に半角で登録するようにしましょう。
そうすれば1文字目で自動的に候補が表示されるからです。
またひとつのサイトには最低二つのタグを付けるのがよろしいようです。
とりあえず適当に付けておいてもいいでしょう。後で簡単に直せますから。
(自分はタグが100ぐらいあって忘れそうな気がするのですが・・・)

まぁそこら辺は以下のサイトがとても参考になりますので御覧ください。
・Firefoxのタグ管理のコツ ―
Firefoxのブックマークを整理してみる



| firefox | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

忘れがちな操作まとめ

Firefox(アプリケーション)の終了確認
  1. Firefoxを終了する。
  2. タスクマネージャのプロセスタブでfirefox.exeが無いか確認する。


プロファイルの探し方
  1. これらをスタートにある「ファイル名を指定して実行」に入力するとフォルダが開く。win7で無い場合
Windows 7/Vista%UserProfile%\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles
XP/2000%APPDATA%\Mozilla\Firefox\Profiles
Windows 98/MeC:\WINDOWS\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles
・参考
プロファイル
Windows XPからWindows 7への移行で考慮が必要な点


プロファイルマネージャの起動
  1. Firefoxを完全に終了する。
  2. これらをスタートにある「ファイル名を指定して実行」に入力すると起動する。win7で無い場合
Windows 7/Vistafirefox.exe -ProfileManager
XP/2000/Me/98firefox.exe -ProfileManager
・参考
プロファイルの管理



about:config表示
  1. ロケーションバー(URL)に「about:config」と入力

トラブルシューティング情報表示

  1. ロケーションバーに(URL)に「about:support」と入力

| firefox | 19:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Profilesフォルダの保存先を変更する

Profilesフォルダの規定の保存先はCドライブ内になりますので、
もしOSが起動しなくなった場合、Profilesフォルダを取り出すのが面倒なことになります。
なので他のディスク上にプロファイルを移動して使用できるようにします。
重要なプロファイルフォルダを動かしますので自己責任でおながいします。m(_ _)m

Profilesフォルダ自体は以下のアドレスにあります。(隠しフォルダはフォルダーオプションから見れるようにしてくださいね)
Windows 7/Vista/XP/2000%APPDATA%\Mozilla\Firefox\Profiles\xxxxxxxx.default\
Windows 98/MeC:\WINDOWS\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles\xxxxxxxx.default

まずFirefoxを終了してから、Profilesフォルダをそのまま保存したいアドレスにコピーしてください。
ここでは、Dドライブ直下にProfilesを置きました。中にプロファイルが入っています。
尚、「Profiles」は自由に名前を変更しても構いません。「MyProfiles」とか「Mozilla」でもいいでしょう。
D:\Profiles\xxxxxxxx.(プロファイル名)

元のProfilesフォルダと同じアドレスにprofiles.iniがあります。
これに移動したプロファイルのアドレスを書き換えればそこから読み込まれるようになります。
上の場合なら以下の様に書き換えます。(書き換える前にprofiles.iniのバックアップを取っておきましょう)
IsRelative=0
Path=D:\Profiles\xxxxxxxx.(プロファイル名)

最初はIsRelative=1ですが、外部にプロファイルを置く場合はIsRelative=0にする必要があります。
IsRelative=0にした場合は「\」は「¥」にする必要があります。尚、profiles.iniは移動する必要はありません。

これでFirefoxを起動すると読み込まれるはずです。確認は以下。
ヘルプ-トラブルシューティング-プロファイルディレクトリ:フォルダを開く
でプロファイルのフォルダが開かれますので、アドレスが確かめましょう。(もしくはabout:support)

CドライブでないとOSの再インストールにいちいちプロファイルをバックアップする必要も無くていいです。
あ、その時の為に書き換えたprofiles.iniをバックアップとっておくといいです。
新しくFirefoxをインストールしたあと、そのiniファイルに置き換えればいいですからね。

[備考]
Firefoxを起動して、初期起動した状態になる場合や「PCを再起動してください」のポップアップが出る場合は、
記述が間違っている可能性がありますので、よく確認してください。

[注意!]
実際にプロファイルを移動して使ってみたのですが、正直重くなります。
なので書き換えたiniを削除してとりあえず規定の場所に戻しました。うーん原因の究明を(´ε`;)…

参考サイト:
・プロファイルフォルダを移動する
Firefox3のプロファイル保存先を変える

| firefox | 16:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プロファイルとprefs.jsの再構築

プロファイルはFirefoxの利用環境データがすべて保存されていて、その中にあるprefs.jsは、
Firefoxのオプション、殆どのアドオンの設定、about:configの設定が保存されています。

しかし使用を続けているうちに肥大化したり、アドオンの機能が正常に機能しなかったりします。
プロファイル作り直しや再度設定はかなり面倒なのでなるべく楽をしようと思います。

prefs.jsファイル自体はプロファイルフォルダの中にあります。
冒頭にも書きましたが、アドオンの機能が正常に使えない場合は一度プロファイル作り直しをおすすめします。
色々なアドオンを入れて設定が競合してるのかもしれません。

prefs.js以外のプロファイル内で必要なファイルは以前のfirefoxの丸ごとバックアップ・軽量化についてを参考に。

アドオンの設定のエクスポート・インポート方法

1.普通に設定をメモって再度設定する
一番面倒な方法です。が、設定ファイルの保存場所が見つからない場合は手動でやるしか無いです。

2.アドオン自体のエクスポート・インポート機能を使う
FireGestureやTab Mix Plusなど一部のアドオンは設定ファイルを出力できます。
Make linkなど設定が多くなりやすいアドオンは出力機能をつけて欲しいです・・・

3.「OPIE」を使ってアドオンの設定を取り出す・復元
OPIE(各アドオンの保存設定ファイルを個別に出力可能にする)
このアドオンを使うと、設定のエクスポートが出来ないアドオンでも取り出すことが出来ます。
大抵のアドオンは取り出せますが、設定ファイルの場所がわからないと取り出せません。
例えば「Make link」は取り出せません。保存場所が分かれば指定して出力出来るかもしれません。

4.prefs.jsを編集して設定データを抜き取る
prefs.jsの中に設定データが保存されているのでコピーして新しいprefs.jsにペーストしましょう。
例えば先程の「Make link」ならサクラエディタなどでprefs.jsを開いて、
「net.soylentred.makelink」を検索すれば設定箇所が見つかります。
それらすべての行をコピーして新しいprefs.jsに、同様の箇所がなければ追加して保存すればおkです。


Firefoxのオプション設定と、
about:configについては毎回手動設定になるかもしれません。(問題が起きた場合は逆に手動の方がいいかも)
何か解決索があるといいですが・・・

個人的プロファイルの構築手順(クリーンインストール)

1.プロファイルを新しく作る
現在のプロファイルは何かファイルをバックアップし忘れたときの事も考え、必ず残しておきましょう。
新規プロファイル作成方法はプロファイルの管理を参考に。
プロファイルマネージャ起動:「firefox.exe -ProfileManager」でファイル名を指定して実行

2.Firefoxのオプションを設定する
現在のオプションをメモったりキャプチャして置いて入力しましょう。多少面倒ですが。
prefs.jsの中の「user_pref("browser.」かもしれません。
以前の記事Firefox/アドオンの各種設定が参考になるかもしれません。

3.ブックマークや最低限必要なアドオンをインストール設定、about:configの設定
Firefoxのブックマーク使っている人はバックアップファイルをインポートしましょう。
タブ機能拡張など、自分の最低限必要なアドオンをWebから入れ、設定しましょう。5個くらいまで?
必要な方はabout:configの設定をしましょう。

この時点でFirefoxを終了し、
プロファイルを複製し「xxxxxxxx.default.bak1」とでもしておいてバックアップを取っておきましょう。

4.自分が必要と思う全てのアドオンをインストール、設定。
あまり使わないアドオンはインストールしないでおきましょう。Webからインストールします。
プロファル内のextensionsフォルダは使わない方がいいような気がします。
設定の復元は上に書いた方法を駆使します。
尚、現在使用しているアドオンのリストはExtension List Dumperを使用すればURL付きで出力可能です。
以前の記事動的なFirefoxアドオンとかのリンク集も参考になるかもしれません。

5.利用環境が保存されてるファイルを新しいプロファイルフォルダにコピーする
以前の記事firefoxの丸ごとバックアップ・軽量化についてを参考にして欲しいのですが、
箇条書きで簡単に書いておきます。
localstore.rdf:ツールバーの配置設定が保存されています。
cookies.sqlite:クッキーが保存されています。
chaika(フォルダ):chaika(2ちゃんねる)のログが保存されています。
chrome(フォルダ):userChrome.jsのスクリプトと、FoxNoteテキストの保存場所。
gm_scripts(フォルダ):GreaseMonkey(グリモン)スクリプトが保存されています。

6.いままでどおり利用出来るようにする。
もう今までと同じ様に使えると思いますが、設定されてない所もあると思うので確認してください。
例えばRSSリーダーのフィードの読み込み指定がされてないなどがあるかもしれません。

異常もなく、全て終わりましたらFirefoxを終了し、またバックアップを取ってください。
xxxxxxxx.default.bak2」でもしておけば良いと思います。


以上で終了です。
体感結構速くなったのではないかと思います。プロファルフォルダのサイズもかなり小さくなってるはずです。
2種類のバックアップフォルダはファイルが壊れるなどした時の保険です。
再びプロファイルをつくり直す必要がある時便利です。
まぁこんな感じでしょうか。なぜか使えなくなった機能がクリーンインストールで復活したのはいいのですが、
やっぱめんどくせーですねぇ。

| firefox | 18:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT